入居者を増やす方法|初心者にも人気!賃貸管理は支援サービスを利用しよう
積み木

初心者にも人気!賃貸管理は支援サービスを利用しよう

入居者を増やす方法

男性

入居者の幅を広げる

アパート経営やマンション経営において、幅広い入居者を探す方法として、入居者の制限を緩める方法があります。空室が発生してしまっては収益がなくなってしまいますので、少しでも収益を確保するためには、誰を入居させるのかを制限していては困難です。そのための工夫として、家賃債務保証を用いることが考えられます。家賃債務保証とは、賃貸借契約における連帯保証人にかわるもので、万が一、入居者が家賃を滞納した場合に家賃債務保証をした会社が家賃を立て替え払いすることになります。連帯保証人をたてることができる人であれば、費用もかからないので連帯保証人の方がいいですが、必ずしも連帯保証人が見つかる人ばかりではありません。

高齢者や外国人の入居

不動産経営において、家賃債務保証を活用することで、入居者の幅を広げることができます。例えば、お金は持っているけれど身寄りがない高齢者の場合、連帯保証人を見つけることは困難です。そのような場合でも、家賃債務保証を行う会社であれば、保証をしてくれます。不動産の経営者にとっては、滞納リスクの少ない人であれば、できるだけ入居してもらいたいというのが本音ですし、家賃債務保証を行う会社が保証するのであれば、何の問題もありません。その他にも、外国人就労者なども連帯保証人が見つかりにくいですので、保証会社による保証を認めることで入居者を増やすことができます。家賃債務保証の方が、連帯保証人よりも家賃を請求しやすいという側面もあります。